2020年12月1日火曜日

冬季うつって、何?

朝晩が冷え込むようになり、日も短くなってきました。 おもに冬に現れる、冬季うつというものがあります。 季節の変化が原因となって起こる、季節性情動(感情)障害の1つです。 主に秋から冬(10~12月頃)にかけてうつ症状が現われ、春先(3月頃)に症状が回復します。 冬に日照時間が減ることによって引き起こさます。 (日照時間が短い地域ほど多くみられる)   日照時間の短い地域に引っ越して発症し、逆の場合で症状が出ないこともある 季節性感情障害といい、繰り返し発症する反復性うつ病の一つです。 曇りがちな梅雨にも症状が出る場合もあります。 Ⅰ 診断基準 ストレスなど他の原因がなく、夏は元気だが冬になるとうつ症状が出るということが、直近の2年間で2回発症したら、冬季うつ病と診断される 医師の診断基準は繰り返す期間が、2年間とされている 対象者 うつ病は男女に関わらずなるが、冬季うつ病は比較的若い女性に多くみられる Ⅱ 冬季うつ病特有の症状 一般的なうつ病と違い、症状に大きな特徴がある 睡眠時間が長くなる、どれだけ長く寝ても眠気がとれない 食欲が増し、特に炭水化物や甘いものが欲しくなり、体重が増えることも多い   (通常のうつ病は、食欲が減退する) うつ病で最も怖いとされる自殺衝動は非常に小さい 患者は男性より女性が多い Ⅲ うつ病と似た症状 無気力感、人付き合いが億劫になる、外出が減る、集中力の低下、自己否定的になる 単純に日が出ていると気持ちは明るくなり、曇りだとすこし気持ちも沈みがちになります。 長い冬を快適に過ごしたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿