2019年4月1日月曜日

30万人高齢者データから見えてきたピンピン長寿の秘訣

NHKきょうの健康3月号 30万人高齢者データから見えてきたピンピン長寿の秘訣から

健康長寿の大敵の1つは、「認知症」です。

発症率低下との関連がわかったのは「社会とのつながり」です。

研究では、「配偶者がいる」「同居家族間の支援(看病や悩みを聞くなど)」「友人との交流」「地域のグループ活動に参加」「就労している」の5項目で、3項目に該当する人では、01項目に該当する人と比べて認知症の発症率が25%低く、5項目に該当する人では46%も発症率が低かった。

「うつ」も認知症のリスク要因の1つで、高齢者では認知症と合併しているケースがしばしばみられます。

これらの調査からみえたうつ病の予防法を紹介しましょう。

まず「運動」です。

運動というと、自分が体を動かすことだけと思われるかもしれません。

しかし、うつに関していえば、例えばスポーツの催しを企画して、実施のために段取りをする、いわば世話人のような「役割」を果たすことでも、うつ傾向になりにくいことがわかっています。

この場合、対象はスポーツ以外でもかまいません。

町内会やボランテイア、老人クラブ、業界団体、宗教といった社会参加でもいいのです。

役割をもつことによる効果が顕著なのは男性です。

多くの社会参加をしている人たちの間で比較すると、役割をもつ人は、役割をもたない人に比べて、うつ傾向になるリスクは1/7でした。

“情けは人のためならず”という言葉がありますが、人のために一肌脱ぐのは回り回って自分のためにもなるということが、うつの発症の傾向でも明らかになりました。

なかには、人の前に立って何かをすることが苦手な方もいるでしょう。

そういう方は、地域の人が集まるような「通いの場」に足を運んで、人と話をしたりするだけでもよいのです。
 
 
“刺激”って、いろいろな意味で本当に大切ですね。
体への刺激・・ 運動や体操・・
心への刺激・・ 仕事、ボランティア、人と話すこと、新しいことに取り組むこと・・
ちょっとしたことでよいので、日々新しい“刺激”がある生活は、体と心の健康にエネルギッシュな力を与えます。

 

 

2019年3月1日金曜日

日本が直面する超高齢社会と医療費の高騰

                日本健康マスター検定 公式テキストから

2025年には、1人の高齢者を2人以下で支える時代に・・

70歳以上の1人当たりの平均医療費は、70歳未満のおよそ5倍にものぼります。

2025年の高齢化率(65歳以上人口割合)30%と予測されており、今後、高齢者が増えるほど医療費も増加することは容易に想像できます。

一方で少子化によって総人口は減少し、65歳以上の高齢者1人に対する現役世代(1564)は、2025年には1.9人にまで減少すると予測されています。

つまり、現役世代2人弱で高齢者1人を支えなければならないのです。

国民医療費は先進国のなかでは低い水準だが2008年から増加傾向にある。

特に、後期高齢者医療費の増加が目立つ。

2025年には2008年の2倍以上になることが()予測されている。
 (2008年度までは平成23年度「厚生労働白書」、

 
 
今からから50年前には65歳以上を13人で支えていました。 
  (お神輿型)
 
現在は1.9人で支えています。 
  (騎馬戦型)
 
2050年を超えると、1.3人で65歳以上の方1人を支える時代がやってきます。
  (肩車型)
 
自分の肩にご自身のご両親の面倒を見る責任  2人
場合によっては伴侶のご両親の面倒も・・   4人
 
乗せる肩がありません・・
 
遠い将来ではなく、私たちのこどもが直面する問題です。
 
仕組みづくりを考えておかないと、大変なことになってしまいますね。

 

2019年2月1日金曜日

ナトリウム1gは、食塩何グラムになるか

               日本健康マスター検定 公式テキストから

日本人の食塩摂取量約7割は、塩そのものよりも、しゅうゆ・味噌・塩蔵品等の加工食品からとっています。
 
食品にもともと含まれている塩分を意識して、とりすぎないことも大切です。

同じ主食でも米は食塩0gですが、食パンは6枚切り1枚で、0.8gも含まれています。
 
ロースハム(1枚20g)・・・・・・0.5g
塩ざけ(切り身70g)・・・・・ ・1.3g
梅干し(塩分22g)・・・・・・・1.5g
はんぺん(1枚100g)・・・・・.・1.5g
さつま揚げ(1枚75g)・・・・・ 1.4g
ゆでうどん(1玉200g)・・・・  0.6g
スポーツドリンク(500ml) ・・0.5g

 
ナトリウム量と、食塩相当量の比率は、

ナトリウム(g)×2.54です。
 
わかりやすく、2.5倍とすれば計算が速くできます。
 
ナトリウム1gなら、食塩量は2.5gになります。
 
食塩は体のために絶対に必要なものですが、
日本食には多くとりがちになりますので、気をつける必要がありますね。

 

  

2018年12月29日土曜日

体脂肪は、1㎏で何カロリー?

その昔は、おなかが出ていると“貫禄があるなどといわれていましたが、
“メタボ”という言葉とともに、健康の影響が指摘されました。

体脂肪は、1㎏で7000キロカロリーになります。

もし1ヶ月で減らすとすると、1日あたり240キロカロリーに。
ごはん茶碗1杯とちょっとです。

運動では、10分歩くと約30キロカロリー
1年続けると約1万キロカロリーで、1.5キロほど減量することができます。

筋肉がつくと代謝がよくなるので、組み合わせるともっと効果が表れます。

人の体は、自分の体を維持しようとするので、体重が増えると増えた分だけ
食欲も増えてしまいます。

体重1㎏増加すると、血管は50キロ増えてしまいます。
増えた分に血液を流すために血圧も上がり気味に・・

インスリンの働きも悪くなり、血糖値も上昇します。

がんの原因となる“活性酸素”も増えがちになります。

65歳以上になると“痩せすぎ”も太りすぎと同じようにリスクがありますので、
やっぱり“ふとりすぎ”“やせすぎ”の“すぎ”を防ぐことが大切ですね。

2018年12月1日土曜日

脂と脂の違いは?

日本健康マスター検定 公開テキストから

とり過ぎが問題になる「あぶら」ですが、厳密には常温で固まる「脂」と固まらない「油」に分けられます。

前者は肉の脂身や皮、バターなど動物性脂肪の多い食品に、後者は魚や大豆、植物油など植物性脂肪の多い食品に含まれます。

これらの主成分は脂質で、脂肪酸によって構成されます。

「脂」には飽和脂肪酸が、「油」には不飽和脂肪酸が多く含まれます。

飽和脂肪酸には動脈硬化を招く作用があり、“体によくないあぶら”といえるでしょう。

しかし、飽和脂肪酸の摂取量を極端に制限すると、脳出血のリスクが高まることがわかっています。

また、いくら不飽和脂肪酸が、“体によいあぶら”であっても、脂質=高エネルギーですから、とり過ぎれば肥満などの要因になります。

ようはどんな「あぶら」も、適量をバランスよくとることが大切なのです。

特に、マーガリンやショートニングなどのとり過ぎには注意が必要です。

これらには、近年、健康被害が注目されている「トランス脂肪酸」が多く含まれます。

トランス脂肪酸は、植物油や魚油を半団体や固体の油脂に加工する際に、水素を添加することで発生する脂肪酸で、血液中のLDLレステロールを増やし、心筋梗塞の危険を高めるといわれています。

不飽和脂肪酸   青背の魚、植物油、大豆製品など

飽和脂肪酸    肉類、加工肉、乳製品など

トランス脂肪酸  菓子類、揚げ油、マーガリンなど
 
 
日本は海に囲まれた国なので、以前は魚からの油の消費量が多い民族でした。
 
やっぱりバランスよく食べることに落ち着くんだとも思いますね。

2018年10月1日月曜日

かぜのときにはどんな食べ物がいい?


子供の頃にお母さんが、りんごジュースをすりおろして飲ませてくれた事がある、とゆう人は多いかも?

GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。

しかしりんごジュースの「グリセミック指数」(GI)52

これは、水曜日の午後に、りんごジュースを飲んでエネルギーになるのは土曜曰くらい。食べてその日のうちにエネルギーになるのは、コーンポタージュスープがおすすめ。

GI84以上 その日にエネルギーになります

パン、もち、あんぱん、ゆでじゃがいも、にんじん、スイートコーン、レーズン、はちみつ、シロップ、せんべい

GI6583  食べて12日後にエネルギーになります

白米、スパゲッティ、ライ麦パン、ロールパン、クロワッサン、フライドポテト、焼き芋、かばちゃ、すいか、オレンジ、パイナップル、キウィ、りんご、バナナ、メロン、クッキー、ポテトチップス、ゼリー、チョコレート、 ドーナツ、コーラ、ポップコーン、アイスクリーム

GI64以下  食べて三日後以降にエネルギーに

玄米、オートミール、シリアル、牛乳、低糖ヨーグルト、豆類、さくらんば、グレープフルーツ、りんごジュース、洋なし

 
午後から急に発熱の場合は

午後から急に調子が悪くなって、発熱もウィルス感染による身体の免疫反応(午後2時~10時が多い)

しかし細菌性の免疫機能は、午前5時~正午が最も活発になります。
 
 
健康の基本は食事・・
 
カゼのときにはすぐにエネルギーになってくれる食べ物が、力強い味方になってくれます。

2018年9月1日土曜日

減塩クイズに挑戦!

                                NHK今日の健康 9月号から

日本人の食塩摂取量は、厚生労働省が提唱している目標量(男性8g未満、女性7g未満)に比べて、どのくらい多いでしょうか

A 01g多い

B  23g多い

C  45g多い

答え

B  23gも多い!

平成28年国民健康・栄養調査の結果によると、の食塩摂取量の平均値(20歳以上)は、男性10.8g、女性9.2gです。

高血圧の治療においては、日本高血圧学会は、16g未満を推奨しています

 
次の調味料(いずれも同量)塩会量が多い順に並べてください。

A 濃い口しょうゆ

B うすしょうゆ

C ポン酢しょうゆ

答え

B うす口しょうゆ (1.Og)

A 濃い口しょうゆ (0.9g)

C ポソ酢しょうゆ (0.3)

ソースの中で、食塩が多い順は?

A 中濃ソース

B ウスターソース

C トマトケチャップ

答え

B ウスターソース  (0.5g)

A 中濃ソース  (0.3g)

C トマトケチャップ  (0.2g)

 
ご飯のおかずで塩分が多い順に並べてください

A 梅干し1

B アジの干物1

C キュウリのぬか漬け56切れ

答え

A 梅干し1個  食塩相当量 2.2g

C キュウリのぬか漬け56切れ 食塩相当量2.lg

B アジの干物1枚 食塩相当量l.7g

 
パンのおかずでは?

A.ロースハム薄切り2(2枚で30g)

B.プロセスチーズ1切れ(lcm厚さ20g)

C.ツナ缶軸漬け)1/2(40g)

答え

A.ロースハム薄切り2(2枚で30g)  食塩相当量0.8g

B.プロセスチーズ1切れ(lcm厚さ20g)  食塩相当量O.6g

C.ツナ缶軸漬け)1/2(40g)  食塩相当量O.4g

塩分を含まない主食はどれ?

A うどん<汁なし)

B ご飯(白米)

C 食パン

答え

ごはん

麺類は、ゆでたうどん(200)で、食塩は0.6gほど

食パンは、1切れで0.8gほど
 
 
健康の基本は「食事」
 
食事が、体を作っていきます
 
日々のちょっした積み重ねが、あとあと大きな差になっていきますね