2020年4月1日水曜日

歯が衰えると死亡リスクが2倍に!

NHK今日の健康 3月号から

東京大学が千葉県柏市で高齢者2011人を4年間追跡調査した研究では、歯の数が20本未満だったり咀疇(そしゃく)したりする力が衰えるなどした人は、要介護になるリスクが約2.3倍、死亡するリスクも約2倍と高かった。

沖縄県の宮古島などで40歳以上の約5700人を対象におこなわれた追跡調査では、調査開始時点に自前のかめる歯が10本以上あった男性が15年後に生存していた割合は54%だったのに対して、10本未満の男性は25%と半分以下だった。

女性も10本以上の人は66%が生きていたのに対して10本未満の人は42%にとどまった。

歯の本数が少なくなると、認知症や糖尿病などを発症するリスクが高いとする研究もある。

口に健康を保つことが、病気の予防や寿命と深くかかわっていることは、知られるようになってきた。

虫歯や歯周病だけでなく、入れ歯などの使い方や手入れにも注意したい。

 

 

時代は過去に飛んで、エジプトのファラオのミイラを解析すると、歯周病の毒が脳に廻って死亡した例もあります。

現在でも、高齢化社会になり、8020運動が唱えられていますが(20本の歯があると、食事を普通に咀嚼することができます)、今の日本では70才で20本を維持していますが、80才では20本を維持できていません。

人は食事で生きていますが、「食べる」の基本を支える歯を大切にしたいですね。

2020年3月1日日曜日

ウイルスと菌とはどうちがうのか?

コロナウイルスが猛威を振るっています。

ウイルスと菌はどうちがうのか。

“菌”は生きています。

“ウイルス”は、生き物ではないというのが、現在の定義になっています。

現存していて増えているのに、「生き物ではない」とは、いったいどういう存在なのでしょうか。

“菌”は、自分で増えることができます。

“ウイルス”は、他の動物に寄生してしか生きることができません。

“菌”は、人間に付着して人が死んでも、そのまま生きることができますが、“ウイルス”は人が死ぬと他の人に寄生しなければ同じように死んでしまいます。

人間が生まれる前ずっと以前からウイルスは地球上に存在しています。

“ウイルス”がなぜ撲滅できないかは、“形を変える”からです。

“ウイルス”という標的を定めた時点で、形を変えて狙いを避けるように働きます。

専門的に言えば、“ウイルス”は“DNA(核)”がありません。

DNAがないので、いくらでも変化をすることができます。

ただ、せっけんで手を洗うと、ウイルスの膜を壊すことができますので、手に付着したウイルスを殺すことができます。

手洗いは、非常に有効な予防法になります。

 

カゼの症状はウイルスの種類が違う 主に鼻とのどに感染する 場所が限定

 

鼻かぜ······· ライノ(鼻かぜの50%) 春・秋に多い →  ティシュのいるカゼ

    コロナウイルス(カゼ、鼻かぜの20%)

 

ゲリ········ ロタウイルス (子供、老人、抵抗力のない人に多い脱水症状も)

 

のど········ ライノウイルス エコ- アデノウイルス(一年中)  アデノ・・「のど」

  エンテロウイルス  エンテロ・・「腸」 下痢や腹痛を伴うことも多い

 

咳が止まらない··· マイコ・プラズマ 肺炎 オリンピックの年に流行

 

気管支炎······ RSウイルス(乳児の肺炎の原因にもなる)

 

気管支炎、肺炎··· クラジミヤ

 

異型肺炎······ マイコプラズマ

 

夏カゼ······· エンテロウイルス系  エンテロ・・「腸」 湿度を好む

 

ウイルスと細菌の違い

 

ウイルス······ 自分の力で増えることができず生きている細胞内で増殖する 

          空気中や土壌中などの細胞外では増殖しない 

          約100nm 12/1万㎜

 

細菌········ 自ら分裂して増えることができる 気管支炎、肺炎、扁桃炎 

          約10um 1/100

     

一つのウイルスでも数十種類の型がある

ワクチンは形を覚えている → 一度引くと二度と同じ型にかからない

ウイルスの大きさ     → 1㎜に1万個並ぶ  1/1万分

リンパ球普段は大腸菌を見ている  ウイルスは最初は小さくて見付けられない

中心に核酸(遺伝の情報をもった物質)があり、その周りをタンパク質の殻で覆われた形

空気中・水中で生きられない(寄生) → 本来弱いもの  細菌はどこでも生きられる

ウイルスは空気中では生きられない(細菌感染) → 寄生虫(生き物の中で)

冬にカゼがはやる  15℃以下で活発に動く  25度以上は3~5分で死ぬ  

寒い、乾燥している → 空気中に漂う時間が長くなり、長生きできる  

免疫力・抵抗力低下 →  ストレスに抵抗するために防衛力が消費される

へんとう・気管支が弱い →  その部分に細菌の数が多い

夏カゼウイルス 

 

夏はストレスが多い体力の消費暑さ、強い光線・・・

細菌(自分が持っている菌)感染  自分が持っている菌が増えることによってカゼに

体調・抵抗力・免疫力の低下 →  体を休める ムリをしない

抗生物質がよく効く  冬のカゼ →  あまり効かない(外からくるウイルスによってカゼに)

抗生物質は病原菌で免疫力が落ちたときに自分の持っている菌が増える  日和見感染

病院薬 カゼ薬+抗生物質  細菌に効果

(湿気が好き)

 

2020年2月1日土曜日

冬に血圧を上げないようにするための工夫は

多くの方が、冬は血圧が上がり気味になります。

人間(に限らず、すべてのものですが)は、自分の体を守るように体が作られています。

気温が下がり、体より外の温度が下がると、大事な臓器を守るために(脳と心臓を守るために)、末端の血管を収縮します。

足先や手足が冷えるのは、心臓から遠いために、血液が届きにくいからです。
  (冷え性の方も、胸が冷え性は聞かれたことがないと思います)

血圧は、心臓よりも上にある脳に血を押し上げるために高くなっています。
  (犬などの四足動物は、心臓と脳が平行なので、血圧は低いです)

冬などの寒い日には、首が冷えると首筋の血管が収縮し、脳に血を送るために血圧が急激に上がりやすくなります。

まだ寒い時期が続きます。

外出される際は、マフラーなどで首筋を温めると血圧の急上昇を防ぐことにもつながります。

体は冷えても、心はあたたかく。 (^_^)