2018年5月1日火曜日

和食が一番健康的だった時代に学ぼう


日本人の食事が理想的だった1975年の和食  「NHKきょうの健康」から

その5つのポイント「①多様な食材」「②卵や大豆などの食材」「だし」「調理法」「⑤一汁三莱」

みそは体によい発酵性大豆食品です。

みそには、高血圧や動脈硬化の予防に役立つ働きがあるポリフェノールなどが豊富です。

国立がん研究センーターは昨年、みそなど発酵性大豆食品の摂取量が多いグループで、高血圧の症リスクが低下したという研究を報告しています。

「みそ汁は塩分が心配」という人は多いと思いますが、みそ汁塩分を減らしたければ具だくさんにすること、そして、75年の和食の3つ目のポイント「だし」をしっかりとることをお勧めします。

だしの香りによって、塩分が少なくても旨味が感じられるようになります。

4つ目のポイントは、「調理法」です。

75年当時の調理法を調べると、野菜や魚を水やだしで煮る調理法が圧倒的に多いのです。

高温の油で炒めたり揚げたりするより、煮るほうが食材の有効成分を消失しにくいのです。

また、日本人は長年あまり油を摂らない食事をしてきたため、体が油に慣れていないともいえます。煮る・ゆでる・蒸す・焼くといった調理法で、油の使用を減らしたいものです。

5つ目のポイントは、「一汁三菜」です。ご飯とみそ汁をメニューの中心に据えることで、さまざまなおかずを献立に組み込みやすくなります。

特に高齢者は、たんぱく質などの栄養素が不足しがちなので、魚や肉を意識して食べたいところです。

ただ、年齢を重ねると活動量は落ちていきますから、ご飯は控えめにしてください。

その分、食後や小腹がすいたときには、栄養価の高い果物をお勧めします。果糖を気にする人もいますが、みかん115個、りんご110個など大量に食べなければ大丈夫です。

この5つのポイントに加え、75年の和食は、それ以前より適度に欧米化していたことにも注目です。体に合った海外のメニューを取り入れると、食事が楽しくなります。ヨーロッパでは、ク地中海食″が長寿食としてよく取り上げられます。地中海食を日本人の食卓にうまく取り入れるとしたら、何を食べるのがよいでしょうか。オリーブオイルの新鮮なものをサラダにかけたり、精製されていない全粒粉の穀物やバン、あるいはトマトを意識して食べるのもよいでしょう。

おやつ代わりにナッツもいいと思います。やや油分が多くエネルギーも高めですが、ビタミンEが豊富です。

ただ、地中海食が万能というわけではありません。例えば、国によつてもイタリアやスペインでは地中海食の健康効果が認められるが、イギリスなどではさほど効果が出なかったという調査結果もあります。また、私たちは75年の和食と地中海食とをマウスを使って比較しましたが、和食のほうがよい結果でした。「75年の和食の5つのポイント」を意識して、和食を基本に、海外のメニューなどでもよいものは取しり入れていってください。        


昔は、今ほどアレルギーやアトピーの方は多くなく、その一つの要因が食べ物だと考えられます。
変えていくみのは変えて、大切にしていくものは大切にしたいですね。

2018年4月1日日曜日

日本の医薬品市場規模10兆3000億円!!


日本の医薬品市場規模103000億円で、アメリカ、中国に次ぐ世界第3位です。

一人あたりでは、アメリカとほぼ同じ

全世界では、約100兆円
 
9割が医療用医薬品で、一般用医薬品は1割 

 

売り上げ

1位  循環器官用薬    1900億円

2位  中枢神経系用薬    7800億円

3位  代謝性医薬品       6900億円

4位  消化器官用薬         4600億円

5位  血液・体液用薬      4600億円

6位  外皮用薬               4500億円

 

東大病院老年病科の入院患者2412人の調査
薬物有害事象の頻度  
13種類の薬の併用で7% 、45種類で10% 、6種類以上で15%
 
転倒の発生頻度は34種類の併用で20% 、5種類以上で40%と倍増
 
アメリカでは現在医師の研修指導の場では「薬は2種類まで」とし、3~4種類服用させる場合は、よほど慎重にと指導している。

 

多剤併用を避けるため、のみ続けないほうがよい薬

胃腸薬(プロトンポンプ阻害薬)

オメプラール、オメプラゾール、タケプロン、パリエット、ネキシウム

ー年以上の服用で骨折のリスクが高まるというデータがある

 

血統降下薬(スルホニノン尿素薬)

ダオニール、オイグルコン、グリミクロン、グリメピリド

最も低血糖を起こしやすく、命にかかわる場合も

 

血統降下薬(チアゾリジン薬)

アクトス、ピオグリタゾン

膀脱ガンがふえる。男性はやめるべき。フランス、 ドイツでは禁止。発ガン

リスクを隠したとして製薬会社が巨額の和解金

 

コレステロール低下薬(スタチン系)

クレストール、メバロチン、リバロ、リポバトール、ロスバスタチン

高齢者や閉経後の女性に過処方
 
 
よく言われていることですが、クスリはリスク
 
今の日本の医療は、クスリを出せば出すほど医者にお金が落ちるため、どうしてもクスリが多くなりがちです。
 
必要なものですが、あまり多くなりすぎないように、生活習慣の改善を !(^^)!

 

2018年3月1日木曜日

幸せを感じていると死亡リスクが“  ”%も減る


                                                                           新聞記事より引用
 
イギリスのロンドンで行われた調査では、幸福を主観的に感じている人は、感じていない人よりも死亡リスクが35%低い、という結果が出ています。

この調査は5279歳の約3800人を対象に行われました。まずは被験者に複数の質問に答えてもらい、被験者一人ひとりの幸福度を評価します。

そしてその5年後に、被験者の状況を追跡調査したのです。

その結果、もっとも幸福度の高いグループの死亡率は3.6%なのに対し、もっとも幸福度の低いグループでは死亡率は7.3%と、約2倍の差が出たのです。

これに年齢や生活習慣などあらゆる要因を考慮して、35%という数字がはじき出されました。

ではなぜ、主観的に幸福を感じている人のほうが長生きをするのでしょうか。

その理由のひとつは、人の体内にある免疫系の物質で説明ができます。

人の体の中には、その人の心の調子によって変わってくる免疫系の物質がありますが、主観的に幸福を感じている人は、その物質のバランスがよくなるのです。

逆に主観的に幸福を感じていない人は、バランスが悪くなり病気になります。

心の調子によって変わってくる免疫系の物質の代表はナチュラルキラー細胞です。

「病は気から」といいますが、このほかにも、心のもちようが体の健康に与える影響は、あらゆる実験や研究から明らかになりつつあります。

健康には、しあわせと感じる状態を少しでも長く維持できたほうがいいのです。
 
 
 
幸せは、「なる」ものではなく、「感じる」ものだともいわれます。
 
あくまで主観的なもので、できるなら、日々幸せを感じていたいですね。

 

 

2018年2月1日木曜日

かかりつけ医って何?

今、厚生労働省でも、ちょっとしたかぜなどの病気は、大学病院や大きな病院ではなく、地元の身近な“かかりつけ医”に診察することを勧めています。
 
大学病院に紹介状なしの初診では、初診代が通常よりも上乗せされます
 
病院の役割として、身近な病気は地元の医者に・・
 
設備の整った大きな病院では、緊急を要する病気や重い病気に対応するという役割分担を目指しています。
 
設備は大きな病院のほうがそろっていますし、専門の医者も多く抱えていますが、自分のことをよくわかってくれている身近な医者は、自分の健康を守るもっとも身近なアドバイザーになります。
 
 
かかりつけ医の定義
 
Ⅰ 何でも相談できる

Ⅱ 必要なときは専門医を紹介

Ⅲ 地域医療・保健・福祉を担う能力を持つ医師

  日本医師会、四病院団体協議会

かかりつけ医機能研修制度

3年間で、生活習慣病・認知症・緩和治療・リハビリなど様々な分野の研修会で計10単位を取得し、訪問診療や介護認定審査会への参加など実施研修も必要

要件を満たせば、都道府県医師会から修了証などが発行される